まずはじめに、このプロジェクトは原発に対してYES、NOを訴える活動ではないことをお伝えいたします。


あれから2年・・・
あの時は誰もが思ったはずです、一生忘れられない・・・と
震災から半年ぐらいはメディアも「未曾有の被害」と題して頻繁に取り上げていましたし、
実際に、その「衝撃」も新鮮でした。

しかし、人は忘れてしまいます、時間と共に。

さすがに記憶から抹消されてしまう事はないでしょうけれど、いつも通りに戻って、 そのいつも通りを繰り返していくうちに、その時の気持は徐々に新鮮ではなくなり、 記憶の優先順位が入れ替わってしまうのです。
勿論、それらに個人差はあるでしょうが、人とはそういう生き物なのだと思っています。

あの日以降、多くの人が考えたと思います。 「自分にもなにか出来る事はないのだろうか?」・・・と

しかし私自身を含め、何が出来るのかがわからないまま(やらないまま) 少しずつ記憶の優先順位が変わっていこうとしているのを感じます。

でも駄目だと思うのです。

いつまでも悲しみに暮れているわけにはいかないですが、決して忘れてはならないことがあります。

原発事故による放射線問題はまだこれから続いくでしょう。 今、福島県の各地では除染作業が盛んに行われていますが、いつまで国はこれをサポートしてくれるのでしょうか?
果たしてたった一度の除染でどれだけ安全を保てるのでしょうか? 原発事故により福島県はこれから何十年も除染をし続けなければならくなったのだと・・・私達は思っています。

守りたいものがあります。
いえ、守るべきものがあります。
未来へ育ちゆく子供たちのためにも
「忘れないことを、やめてはいけない」
ですからこのプロジェクトQは
「忘れてはいませんか?」と問い続けます。
「忘れないでいて欲しい」と発信し続けます。




「復興支援」なんていうと、自分自身でハードル上げてしまって二の足を踏んでいました。
大袈裟なことじゃなくていい、本当に自分で出来る事からでいい・・・小さい力でもいいからまずは実際に支援の行動を1歩踏み出そうと基本に返った時に、このプロジェクトは、美容師とウェブデザイナーによって起ち上げるのだから、お互いの持ち場を活かせば良い、素直にそう思えるようになりました。

現在お店で使用している無添加シャンプーを復興支援シャンプーとしてリニューアルし、その売りの上げの一部(1本につき200円)を 福島復興のために使います。まずはここから始めます。

このシャンプーはもう15年以上「無添加シャンプー」として全国の美容室や個人のお客様に使っていただいていて、3万本以上売上実績があるご好評頂いてきたシャンプーです。

このシャンプーQで寄付金が集まるだけではなく、ほんとうに今でも「今、自分たちにできることは?」という事を忘れていないか?とか、日本は現状で本当に良いのだろうか?とか、いろいろな想いに対する《問いかけ》になって欲しいと願います。

そしてこの福島復興支援シャンプーQを使う時に、少しでも福島のことを想い、考え続けられるきっかけになれば幸いです。
<株式会社ユアーズ 代表 佐藤涼>

  • 2013/3/31
    Official Websiteを公開しました
  • 2013/3/11
    Facebookページ公開
  • 2012/11/1
    復興支援シャンプーリニューアル完了
  • 2012/4/11
    プロジェクトQ準備室発足
他の記事を読む

これからは「継続的な支援」が非常に重要だと考えています。

故に、私達の活動イメージとコンセプトは
「ハ」型のラインに似ています。

このラインはどれだけ引き続けても決して交わることなく、そして、引けば引くほどその広がりを増していきます。 狭かった幅がどんどん広がっていく・・・

つまり 私達の活動も同じ。
今はまだ始まったばかりで出来る事は限られているけれど、 止めること無くラインを引き続ける、つまりは始めた活動を止めなければ支援内容は大きくなっていく・・・

そうだと信じています。

Project Q事務局 〒963-8025福島県郡山市桑野二丁目35-11 株式会社ユアーズ内 toiawase@q-311.net
Copyright © Project Q All right reserved